婚約指輪は単独でつける?それとも重ねづけ?デザイン別の使いやすさを徹底解説!

重ねてつける指輪の意味

婚約指輪は、結婚指輪をつけるまでのつなぎだと思っていませんか。使い方は色々とあります。せっかくパートナーからもらった大事な愛の証ですから、できればずっとつけていたいと思う人は多いでしょう。そんな時は、結婚指輪と重ねてつけられるようにデザインを意識して選ぶ事がすすめられます。現代では、もとから婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけられるようなデザインの商品を出している所も多いので、婚約指輪と重ねてつけて欲しいと思う男性は、プレゼントする指輪をあえて重ねつけする商品を選んで渡す方法も一つあります。婚約指輪はダイヤが光るデザインの物を渡す人が多い傾向ですが、結婚指輪はシンプルなものが多いので、あらかじめ重ねてつける用の商品でなくてもセンスよくつける事もできます。

指輪に変わるほかのプレゼント

婚約指輪を渡す時は、一般的に昔からの流れでいうとお給料の3ヶ月分だという人も多く実際にその位の金額の指輪をプレゼントしている人が多いのですが、時代も変わり指輪ではなくネックレスや時計など別の形の物をプレゼントしている人も増えてきています。同じく身につけられるものであれば変わりはないだろうという考えの人が多いのです。また、もらう側も指輪ではなくて何か他の物がいいと思う人も増えてきている事からこういった流れになっているのです。仕事柄指輪をつけられないという人もいるので、重ねて指輪をつけるのは手間であると考えている傾向があるのですが、ネックレスなどでしたら気軽につけていられるので仕事中でも離さずつけていられるというのも理由になっています。

婚約指輪を銀座で買うことは、さまざまなハイブランドを一度に見比べることが出来て、センスも洗練されること間違いないでしょう。