婚約指輪はいつまでつけてOK?結婚後の身につけ方も紹介!

婚約指輪は婚約期間だけのもの?

「婚約期間につけるもの」というイメージがある婚約指輪ですが、実際には結婚式当日にもつけていたという人が多くいます。婚約指輪は特別な指輪ですから、つけておきたい、結婚式に参列した人にも見てもらいたいという気持ちを持つ人が多いようです。その逆で、結婚式ではグローブをつけるので、邪魔になるからつけなかったという人もいます。
マナーとしては「結婚式当日には婚約指輪をつけてはいけない」ということはありませんので、花嫁の意思で決めてもいいでしょう。ただし結婚式では指輪の交換がありますから、当日は左手の薬指ではなく右手の薬指に付けておくことを忘れないようにしておきましょう。また、結婚式当日は移動やお色直しなどでばたばたしてしまいますので、外してしまってどこい置いたか分からなくなってしまったということもないように気を付けたいものです。

結婚後は婚約指輪はどうすればいい?

近年では、婚約指輪を結婚後も着用する人が増えてきています。結婚指輪の上に婚約指輪を重ね付けすると、「婚約指輪で結婚指輪が外れないようにして、愛を守る」という意味を持つとも言われているためです。最初から結婚指輪との重ね付けを考えてデザインされている婚約指輪も増えてきています。
立て爪の婚約指輪は日常的に重ね付けをするには不便なものですし、失くしたり傷が入ってしまうのが嫌だから大事にしまっておくという人も多いですが、それはとてももったいないことです。婚約指輪は結婚後に付けても何ら問題のないものですから、親類や友人の結婚式やパーティーなどの華やかな場につけるようにしたり、ご主人との記念日のデートやご主人の実家に行く際につけていくなど、さまざまな場で活用していくことが出来ます。

結婚指輪とは、結婚するときに配偶者になる相手に渡す指輪のことです。指輪をつけることで相手との絆を示す意味合いがあります。